FAMシネマテーク

vol.4

台湾映画特集

11月23日(月・祝)

福岡市美術館・ミュージアムホール

1作品 1,500円(当日券のみ/税込)

※「書店の詩」のみ1,000円

Introduction

侯孝賢(ホウ・シャウシェン)、楊徳昌(エドワード・ヤン)、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)といった世界的な巨匠を輩出し、その後も多くの若い映画人やスターが誕生している台湾。中華圏の中にあって、独自の文化とアイデンティティーをもつ台湾映画は、観光地としての人気も相まって多くのファンがいます。今回は、東京などで話題になりながら九州、福岡未公開の作品を集めて紹介。小特集として張艾嘉(シルヴィア・チャン)の監督作品にスポットを当てます。

台湾、街角の人形劇福岡初上映

父から受け継いだ赤い小箱の中には戯劇の神様がいる。

台湾の伝統芸能・布袋戲の人形師である人間国宝チェン・シーホァンを10年にわたって取材したドキュメンタリー。ホウ・シャオシェン監督作の常連俳優としても知られる布袋戲の大家リ・ティエンルーを父に持つチェン・シーホァン。13歳から布袋戲の人形師として芸を磨き続け、偉大な父の背中を追いかけてきたが、母の姓を継いだことで父との間に深い葛藤が生まれ、自身が80歳を超えた現在も、そのわだかまりが消えることはない。親子でありながら師弟でもあるが故の複雑な思いと、天命を知る者ゆえの闘いの記録を描き出す。

予告編

  • 監修:侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
  • 監督:楊力州(ヤン・リージョウ)
  • 出演:陳錫煌(チェン・シーホァン)
  • 2018年/台湾/99分
  • 原題「紅盒子」
  • 提供:太秦
  • 2018 中国語ドキュメンタリー映画祭 グランプリ受賞
  • 2017 台北金馬映画祭 正式出品
  • 2018 香港国際映画祭 正式出品
  • 2019 大阪アジアン映画祭 正式出品

書店の詩(うた)九州初上映

書店の数だけ、人生がある。

九州と同じくらいの広さの台湾。そこには「独立書店」と呼ばれる、個人経営の個性的な書店が数多く存在する。『書店の詩』は個性あふれる台湾の書店40店の姿を、気鋭の監督・侯季然(ホウ・チーラン)が独特のタッチで活写した『書店裡的影像詩 ~ Poetries From the Bookstores』の全40話から選りすぐった11エピソードをまとめた特別ダイジェスト版(約40分)。地域コミュニティの情報プラットフォームとして。書店に集う人々が小さな幸せを楽しむ空間として。活気ある台湾の書店文化を、台湾の街のあふれる息吹とともに描く幸福な小品。観ればすぐに台湾を訪れたくなるだろう。

予告編

  • 監督:侯季然(ホウ・チーラン)
  • 2014年/台湾/40分
  • 原題「書店裡的影像詩」
  • 提供:台湾映画同好会
  • 2014年 中国100大ショートフィルム監督30人第1位
  • 2015年 グアム国際映画祭最優秀短編ドキュメンタリー賞受賞

小特集

シルヴィア・チャン(張艾嘉)

台湾出身。78年のデビュー以来100本を超える作品に出演、女優活動と並行し数々の作品を監督する。香港・台湾映画を支えてきた立役者にして、多くの人に愛される国民的女優。敏腕プロデューサーとしてあの楊徳昌(エドワード・ヤン)を見出した人でもある。

あなたを、想う。九州初上映

「台湾らしさ」にこだわった渾身の一作。

両親の離婚で離れ離れになった兄妹と、妹の恋人。3人の揺れ動く心や親への想い。その切なすぎる物語を、台北と台東の美しい風景の中に綴っていく。作家・張艾嘉の決意がにじむ一作。

予告編

監督コメント~なぜ『あなたを、想う。』を撮ろうと思ったか~

この世界は混沌としていて、人々は疎遠になっています。
雑音騒音が絶えず、人の目をくらませ耳を聞こえなくさせます。
私はただ静かに観客と対話をしたいのです。
幾つかの問いかけをして、一緒に答えを探し出したいのです。
「世界が美しいことをまだ信じられますか」
「忠実に自分と向き合う勇気がありますか」
「ある日携帯がなくなり、パソコンを盗まれたら、自分と向き合うことができますか?」
「私たちと両親との関係はどのくらい深いものですか?」
「まだどなたかが優しく話をしてくれますか?」
これらの問いは、全て単独でも一本の作品になります。
しかし、私は現代人の欲張りな心で、一本の映画で表現してみようと思ったのです。
物語の中で、一筋の明るい光が見えることを祈っています。

  • 監督:張艾嘉(シルヴィア・チャン)
  • 出演:梁洛施、張孝全、柯宇綸、李心潔
  • 2015年/台湾・香港/119分
  • 原題「念念」
  • 提供:A PEOPLE CINEMA
  • 2015 台北金馬映画祭 正式出品
  • 2015 東京フィルメックス映画祭 正式出品

妻の愛、娘の時

シルヴィアの多彩な魅力を堪能できるファミリードラマ

監督・主演を務め、父の墓をめぐる3世代の女性それぞれの思いを、切実かつユーモラスに描いたヒューマンドラマ。母の死を看取った娘は、母を父と同じ墓に埋葬するため、田舎にある父の墓を移そうとする。しかし父の最初の妻から猛反対され、大きな波紋を巻き起こしていく。「青い凧」などで知られる巨匠ティエン・チュアンチュアンが、シルヴィア・チャン演じる主人公の夫役を好演。台湾が世界に誇る名カメラマン、李屏賓(リー・ピンビン)の撮影も見もの。第12回アジア・フィルム・アワードでシルヴィア・チャンが主演女優賞&生涯貢献賞をダブル受賞。

予告編

  • 監督:張艾嘉(シルヴィア・チャン)撮影:李屏賓(リー・ピンビン)
  • 出演:張艾嘉、田壮壮、郎月婷
  • 2017年/中国・台湾合作/121分
  • 原題「相愛相親」
  • 提供:MAGIC HOUR
  • 2018 アジア・フィルム・アワード 主演女優&生涯貢献賞
  • 2018 香港国際映画祭 最優秀作品賞

ご来場に際しての注意

上映スケジュール

11月23日(月・祝)

1 10:00~10:40 書店の詩
2 11:30~13:31 妻の愛、娘の時
3 14:30~16:30 あなたを、想う。
4 17:00~17:40 書店の詩
5 18:30~20:09 台湾、街角の人形劇

※開場は各回30分前より

(本編上映前に予告編上映あり)

会場福岡市美術館・ミュージアムホール

「FAMシネマテーク」は福岡市美術館・ミュージアムホールを会場に、これからも貴重なプログラムを提供してまいります。